演奏会

4/17(水)〔福岡〕ベアータ・ムジカ・トキエンシス第14回公演

ベアータ・ムジカ・トキエンシス 第14回公演
預言者エレミアの哀歌が始まる~受難節と復活のモテット~


ベアータ・ムジカ・トキエンシスは、これまで16世紀のドイツ語圏で作曲されたラッソのマタイ受難曲などを取り上げてきました。今回は少し趣向を変え前半では「受難」を扱ったラッソの名作「聖木曜日のための預言者エレミアの哀歌」などを、後半では「復活」をテーマにした作品を演奏していきます。ラッソ以外には、彼に影響を受けたルター派作曲家たちによる作品を演奏しますが、デマンティウスのドイツ語作品は以前に取り上げた彼のヨハネ受難曲の後に付されたものです。ハスラーのラテン語によるモテット「良い羊飼いは復活されました」と、それを死にしたプレトリウスのマニフィカトが歌われますが、これはドイツ語とラテン語の歌詞が交互にあらわれる興味深いもの。演奏される機会のない16世紀末ドイツ語圏の受難と復活の音楽を、どうかお願きください。(斉藤基史)

日時

2024年4月17日(水) 19:00開演

場所

九州キリスト教会館 (福岡市中央区舞鶴2丁目7−7)

曲目

O. di ラッソ 聖木曜日のための預言者エレミアの哀歌
J. C. デマンティウス 「イザヤ書53章によるイエス・キリストの受難と死の預言」
H. L. ハスラー 「良い羊飼いは復活されました」
M. プレトリウス マニフィカト《良い羊飼いは復活されました》

出演者

ベアータ・ムジカ・トキエンシス Beata Musica Tokiensis
鏑木綾・望月万里亜・長谷部千晶・及川豊・田尻健・小笠原美敬
企画・アドバイザー・お話 斉藤基史

チケット

一般4,000円(当日4,500円)ペア7,500円 学生2,000円
※学生券は、当日受付にて学生証をご提示の上ご入場ください。
※ペア券は前売りのみ

パスマーケットhttps://passmarket.yahoo.co.jp 「ベアータ」で検索
詳細:https://beatamusicatoki.wixsite.com/beatamusicatokiensis/concert

お問い合わせ

beatamusicatoki@gmail.com 042-455-1997(公演当日以外)

主催

ベアータ・ムジカ・トキエンシス
公式サイト http://beatamusicatoki.wix.com/beatamusicatokiensis

古楽情報カテゴリ

言語を選択