演奏会

2021年5月16日(日) 寺神戸亮 バッハ無伴奏ヴァイオリン全曲演奏会 第1夜

直方谷尾美術館第43回室内楽定期演奏会 古楽シリーズ1
寺神戸亮 J.S.バッハ 無伴奏ヴァイオリン作品全6曲連続演奏会 第1夜

バロック・ヴァイオリンの国際的な第1人者、ベルギー在住の寺神戸亮さんのバッハ無伴奏ヴァイオリン作品、全6曲演奏会の第1夜です。
この曲集ではソナタとパルティータ、それぞれ3曲が交互に配列されていますが、それが異例であることは意外にも認識されていません。寺神戸さんはこの配列に重要な意味があると指摘され、それによって、綿密な構成感、バッハの宗教観と人生観が見事に貫かれ、彼の最高峰作品の一つになっていると語られています。
現在、寺神戸さんはこの曲集の新録音に取り組まれています。寺神戸さんのバッハへの対峙、その先取りをこの演奏会でどうぞ!

[日時]
2021年5月16日(土) 17:00開演(16:30開場)

[会場]
直方谷尾美術館
〒822-0017
福岡県直方市殿町10-35(福岡市、北九州市から1時間ほどです)

[出演]
バロック・ヴァァイオリン:寺神戸亮

[プログラム]
J.S.バッハ/
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番 ト短調 BWV1001
無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番 ロ短調 BWV1002
無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第2番 イ短調 BWV1003

[チケット]
全席自由 一般:3,100円
学生:1,600円
※当日各500円増

[お問い合わせ・お申し込み]
渡辺 090-2078-5319(遠方の方は電話予約をどうぞ)

[主催]
かんまーむじーく のおがた

[後援]
(公財)直方文化青少年協会、新・福岡古楽音楽祭実行委員会

読み込み中... 読み込み中...

古楽情報カテゴリ

最近の記事

  1. エクラタン古楽シリーズvol.15

  2. フルートと笛吹き女の話 (第3話)

  3. ぼんぐうサロンvol.3会員向けチケット購入について